ウーマン

施術後のケアについて

カウンセリング

脂肪吸引で気になる点と言えば、施術後の様子やダウンタイムのことがありますよね。脂肪溶解注射と異なって身体にメスを入れる脂肪吸引を受ける場合は、事前に施術後やダウンタイムなどを確認しておくと良いですよ。切る脂肪吸引ではダウンタイムに大体2~3週間近くかかり、その間に腫れや痛み、内出血、むくみが発生してしまいます。ダウンタイムを快適に過ごすためには数々のポイントを押さえておく必要がありますよ。まず1つ目に痛み止めを使用して痛みをコントロールすることです。脂肪吸引後は患部に痛みが発生するのが珍しいことではありません。痛みが発生した場合は我慢せずに痛み止めを使用していきましょう。美容外科クリニックから痛み止めが処方されるかと思うので、それを服用していくと良いです。より快適にダウンタイムを過ごしていくためには痛み止めもしっかりと服用していくことが大事ですよ。次のポイントは、施術をして2週間はたんぱく質と水分はちゃんと補給するというものです。メスを入れる脂肪吸引を受けて2週間近くは非常に大事な回復期間となります。回復を少しでも早くするためにもたんぱく質と水分は重要ですよ。水分が必要な理由として、脂肪吸引後は体温が上がる可能性があるので、体内の水分が蒸発して水分不足に陥ってしまう恐れがあるからです。また、術後はたんぱく質が不足している状態になっているので、あわせてたんぱく質も補給する必要がありますよ。水分は日常の中で意識的に摂取することが出来ますが、たんぱく質を効率的に摂取するのは難しいです。そこで、プロテインやサプリの力を借りるのがおすすめとなっています。上記のポイントを守りつつ、安静に過ごすことが出来たら予期せぬトラブルも発生することなく満足のいく結果になるでしょう。

ここで、切らない脂肪吸引である脂肪溶解注射のアフターケアについても確認していきましょう。脂肪溶解注射は身体への負担が少ないことから切る脂肪吸引よりダウンタイムの心配などはありませんが、守ってほしいアフターケアはあります。施術当日は激しい運動は控える、お風呂は控える、紫外線対策をする、マッサージなど刺激を与えない、お酒は飲まない等のことを守っていきましょう。また、脂肪溶解注射でも水分は重要となるので、積極的に水分を補給することです。1日2リットルくらいの量を摂取していくと良いと言われていますよ。あわせて、施術後1週間ほどが経過したら脂肪の分解を促すためのマッサージも実施していきましょう。

このように切る脂肪吸引や脂肪溶解注射の施術後について紹介しましたが、何よりも大事な点は安静に過ごすということです。もし術後に異変が起こったら、早急に施術をしてくれた美容外科クリニックに行きましょう。脂肪吸引を受けたいと思ったら、術後についてチェックしておくのも大事です。実際に自分で調べてみたり、カウンセリングなどで医師に聞いてみたりしてみると良いですよ。

Copyright © 2017 確実に脂肪を落としたい方は必見|脂肪吸引の施術を受けよう All Rights Reserved.